還元陶板浴はなぜいい?

2012年10月21日 投稿者:fujito

今回は還元陶板浴のタイル表面温度についてです。
還元陶板浴室の床温は49度前後に設定しています。

入浴される方は、この床の上にバスタオル敷いて作務衣等の浴衣(よくい)を着ることで直接当たる温度は約42度になります。

それに約20ミリ厚のエコパラダイス溶液で練った陶板からの遠赤外線により素早く深体温をあげられ、短い時間の入浴で副交感神経優位の状態を保てます。

入浴時間が短くする事が可能という事は大汗をかかないので退出後も体温が下がりにくくなります。

体温が高いという事は副交感神経も優位状態、そして免疫力が向上するのではないかと思います。

遠赤外線調理器のところでも書きましたが良質の遠赤外線を受けられると、水分はアルカリ化するので体が抗酸化、アンチエイジングされるのかなと思います。

兎に角、理屈よりより還元陶板浴に入ると疲れが取れたり、筋肉痛緩和されたり、骨密度があがったり、血管年齢が遙かに若返ったり、よく寝れる様になったり、生理痛が緩和したり、アレルギー症状が楽になっていったりしたらそれでいいですよね。

全部、当陶板浴のお客様の声です。
そうそう、化粧乗りがよくなったというお声も沢山いただいてますよ。

Copyright© 2017 有限会社 藤戸工務店 All Rights Reserved.