調理器から健康に・・・?

2012年10月20日 投稿者:fujito

今日(2012/10/20)の11時くらいでしたか、ラジエントヒーターについてお聞きしたいと電話問い合わせいただきました。

 

実際に見られるモデルハウスとか近くにありますか?

とお聞きし、弊社事務所サロン( 還元陶板浴 虎杖伝説の里 ふじと2階)キッチンに設置しているのでいつでも見に来てくださいね。と・・・、

早速30分ほどでご家族で来店くださいました。

資料揃えてる時間がなくて申し訳ない事したな~(汗)

 

お客様には詳しく聞いてはいないのですが、現在IHクッキングヒーターをお使いの様で、IHを使うとラジオが入りにくくなるので電磁波が怖いなとの事。

“スーパ”ーラジエントヒーターは、遠赤外線を使った調理器なのでその点安心安全化と思いとの事でした。

 

(★)勘違いして欲しくないのは、スーパーラジエントヒーター、ここでいうラジエントヒーターはMFG製(国産メーカーです)のもで「輸入遠赤外線セラミック」入りの調理器であり、IHクッキングヒーターについている奥のヒーターや東芝のラジエントヒーターのようにセラミックの入っていない遠赤外線の放出量が少ないものでは無いのでご注意ください。

 

 

この調理器を使ってお湯を沸かすと遠赤外線の効果で、中性を示す水道水もアルカリ性に性質が変わってしまいます。このお湯を冷ましてアルカリ水として飲むのもいいと思います。

湧かした水はあまりよくないともいいますが、遠赤外線で行うとビタミンCやベータカロチンなどは、ほとんど生きていて、その活性はあるそうです。インターネット上の丹羽医師の出されているところを読ませていただきました。

 

 

また、アルカリ食品をうたっているところは胡散臭い。って言う方やHP書かれてる方もあります。アルカリ性食品を食べなくても人は問題なく生きていける。エスキモー(イヌイット)は酸性食品の肉しか食べないけど生きてるではないか。とおっしゃる方も居ます。でも、寿命を調べてみるとやっぱり10年以上短いらしいですね。

なのでどれが正解というのは僕には分かりませんが、

水素水使った治療も具体化してきてますので、抗酸化食品、アルカリ食品なんかは僕は信じられる部類だと思っております。

 

遠赤外線は医学治療器や暖房器具でも、使われている安全な電磁波の一つですので全く電磁波が出ていないとはいいませんけど。

遠赤外線のではこんな事が・・・

1、それぞれの分子を小さくする働きがあります。

2、熱の浸透は、ほぼ均一です。

3、油や食物の酸化防止に役立ちます。

4、食べ物の味をまろやかに美味しくしてくれます。

5、殺菌効果があります。

 

この中での3番遠赤外線調理器使ってお湯を沸かすと写真のように、左の中性(緑)に近い水が右のアルカリ(青)に変わります。この水を飲むといいですね。でもいい水も2リットルは飲まないと健康にはという事をいわれたり・・・そんなに飲めない方も、この調理器使うと料理に使う水、だしだけでなく、食材中に含まれる水分がアルカリ化していくのでそんなに気にして水を飲む事も要らないかと思ったりもします。

 

それから4番目、遠赤外線で調理した食べ物は細胞破壊を起こさずに熱を伝えて調理されていますので、食材の旨味や栄養素が壊れたり、流出する事がないので調味料を過剰に入れる事が要らないし美味しい食材のエキスで食べる事が可能になります。

 

2の熱の浸透というところで、いろんな食材を一つのプレートで焼いたりしてもどれもがうまい具合に焼けたりしますので、これだけでも調理が簡単で面倒くさがりな方にはお勧めです。

 

 

遠赤外線で調理すると美味しいですし、旨味成分が分解されない逃げにくいので調味料を余分に継ぎ足す事が要らないので、健康にいいかなと思ってますのでお勧めいたしております。

実際に遠赤外線スーパーラジエントヒーターの体験をしてみたいという方は、次回第4回遠赤外線調理体験・試食会にご参加いただけると嬉しいです。

Copyright© 2017 有限会社 藤戸工務店 All Rights Reserved.